読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるりんご!(久留米アップルユーザーグループ)

福岡・久留米近郊を拠点に活動するAppleユーザーグループです。

docomo L-05E Optimus itを触ってみた。その2 カメラ機能編

Android関係 ガジェット

今回はdocomo L-05E Optimus itのカメラ性能に触れたいと思います。

【インもアウトも高性能カメラ搭載】 L-05E Optimus itの背面のカメラ記録画素数は背面が1320万画素でインカメラが 140万画素と非常に高スペック。 そんな訳で早速撮ってみました。

IMG013IMG053 IMG069

室内でのフィギュア撮影、食べ物のアップ撮影や外での植物の撮影、よく使われているシーンでの撮影では何ら問題ありませんでした。 ピントがすぐに合って撮影もすぐというのも良いですね。 他にも色々と撮影しましたが、iPhoneと比べて屋外での撮影が綺麗に写るという印象を受けました。画素数の差が効いているのかも。 暗い所での撮影はHDR機能を使えばかなり明るくなります。 あと高画素な分、データ容量も4M前後になる場合もあるので、いずれ保存容量の圧迫原因になるので保存には気を付けていた方が良いと思います。

【お薦めボイスシャッター機能】 色々とカメラ機能がありますが、1番気に入ったのはボイスシャッター機能でした。 「チーズ」、「スマイル」、「LG」、「撮ります」のいずれかに反応してシャッターを切ってくれます。 この音声認識が秀逸でLGは「エルジ」でも「エールジ」でも「エルジー」でもしっかり反応してくれました。 思わず、おお〜っと言ってしまうレベルなので試してみるのをお薦めします。

【動く被写体を撮るのに便利!タイムキャッチ機能】 撮影した1秒前まで時間をさかのぼって撮影できるタイムキャッチショット機能があります。 動く被写体を撮るのにかなり便利。同じポーズを意外と維持しない犬や猫等の動物や子供の撮影で威力を発揮します。

Facebookでのプロフィール画像用に便利?ビューティーショット機能】 ビューティーショット機能は、インカメラで撮影した際に美肌効果となるよう画像処理をしてくれる機能です。淡い感じになる印象です。 スライダーで加減の調整が出来ます。 Facebookでのプロフィール画像用に良いかもですね。

カメラ機能の紹介については以上です。 次回は他の機能や1週間使ってみての感想を書きたいと思います。