読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるりんご!(久留米アップルユーザーグループ)

福岡・久留米近郊を拠点に活動するAppleユーザーグループです。

【iTunesどうでしょう?】「昭和元禄落語心中」(雲田はるこ)原作コミック

コミック「昭和元禄落語心中」(雲田はるこ)の紹介です。
itan.jp

アニメが実に良いので絶対観ましょう。凄くハマりました。
rakugo-shinju-anime.jp

あらすじはWikipediaから。
昭和元禄落語心中 - Wikipedia

与太郎放浪篇
単行本第1巻から第2巻に収録。舞台は昭和50年代頃。落語が絶頂期を過ぎ、テレビや漫才ブームに圧されていた時代。
刑務所帰りの元チンピラ・強次は、1年前に慰問で訪れた八代目有楽亭八雲演じる落語『死神』を聞いて感動し、出所後そのまま八雲が出演している寄席に押しかけて弟子入りを申し出る。それまで「弟子は取らない」と言ってきた八雲だが、彼なりの考えで強次は付き人として行動を共にすることを許され、与太郎の名を与えられる。
八雲の家に住み込むことになった与太郎は、八雲の養女・小夏と出会い、彼女の実父で早逝したかつての天才落語家・二代目有楽亭助六の芸風を気に入り、自らの芸に取り入れ精進するが、同時に助六の死と八雲、小夏にまつわる因縁の一端を徐々に知ることとなる。
ある日与太郎は、八雲の独演会で舞台の袖で居眠りしてしまい、激怒した八雲に破門されてしまう。雪の積もる夜、小夏立ち合いの下で必死に復帰を願い出る与太郎に対し、八雲は「破門しない代わりに三つの約束を守ること」を彼に命じ、自身と助六についての長い昔語りを始めた。
八雲と助六篇
単行本第2巻から第5巻に収録。舞台は太平洋戦争前から、昭和30年代頃の「落語黄金期」まで。
望まぬ落語界への入門を強いられ、また落語が上達しないことに日々苦悩し続けていた若き日の八雲・菊比古と、天才肌で華のある落語家としてめきめきと人気・実力をつけてゆく初太郎改め二代目 有楽亭助六。繊細で陰のある菊比古に対し、粗暴で明朗快活な助六という対照的な性格ながら、同い年で同じ日に師匠・七代目有楽亭八雲門下に入り、共に黄金期の落語界を支えた2人の青春模様と因縁、みよ吉と助六の最期の真相が明らかにされる。
助六再び篇
単行本第5巻以降に収録。舞台は昭和末期から平成初期頃。バブル景気およびその崩壊直後。
落語人気が完全に下火となり、都内に寄席が1軒だけになり落語の話題と言えばかつての名人の訃報ぐらいしかなかったこの時期、芸を磨いた与太郎は真打に昇進し、小夏の父の名跡を継いで三代目助六を名乗ることに。その頃小夏は未婚者で妊娠し、見かねた助六から夫婦になろうと迫られる。戸惑う小夏と、天涯孤独の身の上から「家族」への強いあこがれを口にする助六。
一方、過去の因縁と迫り来る老いと1人孤独に葛藤していた八雲を病魔が襲う。信之助の誕生、落語保存の活動を始めた作家・樋口の出現など、否応なく進んでゆく時代の流れに巻き込まれながら変化してゆく八雲、助六、小夏の人生と、八雲が一度は自らと共に滅ぼそうとした「落語」の行く末が描かれる。

アニメが良いのは原作が良いからで、雲田はるこの独特の絵が良いのです。
各キャラのニヤリ顔が好きですね。アニメの方でも実に再現性が高い。助六と小夏の親子のが特に。
小夏は原作の方が姐さん感があるし、与太郎放浪篇の頃から中々色気があり表情も豊かです。
八雲も若々しくて顔の変化が面白い。

あらすじから判るように八雲の波乱の人生が見事に描かれています。
八雲の様々な悩みもよく伝わります。

全巻10巻と一気読みにちょうど良いボリュームです。

iBooksではこの投稿時点では3巻まで無料で入手出来ますので、iBooksを試すのに良い機会だと思います。
圧倒的なストーリーを堪能してみては如何でしょうか?

iBooks版

昭和元禄落語心中(1)

昭和元禄落語心中(1)

  • 雲田はるこ
  • 青年
  • 無料
昭和元禄落語心中(2)

昭和元禄落語心中(2)

  • 雲田はるこ
  • 青年
  • 無料
昭和元禄落語心中(3)

昭和元禄落語心中(3)

  • 雲田はるこ
  • 青年
  • 無料
昭和元禄落語心中(4)

昭和元禄落語心中(4)

  • 雲田はるこ
  • 青年
  • ¥540
昭和元禄落語心中(5)

昭和元禄落語心中(5)

  • 雲田はるこ
  • 青年
  • ¥540
昭和元禄落語心中(6)

昭和元禄落語心中(6)

  • 雲田はるこ
  • 青年
  • ¥540
昭和元禄落語心中(7)

昭和元禄落語心中(7)

  • 雲田はるこ
  • 青年
  • ¥540
昭和元禄落語心中(8)

昭和元禄落語心中(8)

  • 雲田はるこ
  • 青年
  • ¥540
昭和元禄落語心中(9)

昭和元禄落語心中(9)

  • 雲田はるこ
  • 青年
  • ¥540
昭和元禄落語心中(10)

昭和元禄落語心中(10)

  • 雲田はるこ
  • 青年
  • ¥540

kindle版

昭和元禄落語心中(1) (ITANコミックス)

昭和元禄落語心中(1) (ITANコミックス)

昭和元禄落語心中(2) (ITANコミックス)

昭和元禄落語心中(2) (ITANコミックス)

昭和元禄落語心中(3) (ITANコミックス)

昭和元禄落語心中(3) (ITANコミックス)

昭和元禄落語心中(4) (ITANコミックス)

昭和元禄落語心中(4) (ITANコミックス)

昭和元禄落語心中(5) (ITANコミックス)

昭和元禄落語心中(5) (ITANコミックス)

昭和元禄落語心中(6) (ITANコミックス)

昭和元禄落語心中(6) (ITANコミックス)

昭和元禄落語心中(7) (ITANコミックス)

昭和元禄落語心中(7) (ITANコミックス)

昭和元禄落語心中(8) (ITANコミックス)

昭和元禄落語心中(8) (ITANコミックス)

昭和元禄落語心中(9) (ITANコミックス)

昭和元禄落語心中(9) (ITANコミックス)